読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログでは主に自己啓発について語っていきます

何に対しても無気力な振りをして生きてきたら、年齢に対して中身が全く伴わなくなってしまいました。

どうして丸本さんは頑張るのか

 

勉強、仕事、人間関係において、うまい方法を示したtipsは

調べればいくらでも出てきます。

 

ただ、それが何になるのかなぁと思う日々。

 

20代の楽しい盛りと呼ばれる時分、なのに自分は、完全にアパセティックになってしまいました。

 

きっかけ

f:id:Rtanahashi:20170307223813j:plain

 好きでした。でもそれは友達付き合い、その環境での立場、学力、生活力、などのステータスを通したうえで見ていることに気が付きました。(以下略)

 

今流行りのLINEでこんな感じの文章が来ました。

振られちゃいました…。

大学は違えど、ボクの立ち位置はSNSとかを見せた時に容易に分かってもらえたのだと思います。

当時は『ソウダッタンダ…』としか思わなかったのですが、既に何ヶ月もコレで悩んでいます。

 

ステータスを含めて自分を見てもらえなかったら一体どうすれば良かったんだろう?

 

ボクは恋愛経験が年齢に伴っていないので、インターネッツの記事をよく見ます。

たいがい『自分磨きをしろ』とか『仕事に打ち込む姿がうんたらかんたら』とか書いてあるのですが、それってステータスを高めることに他ならないのでは…

 

産まれてから今に至るまで、自分は自分の能力がないことが露呈するのが恥ずかしくて全てのことに対して斜に構えてきました。

 

ボクは運動が出来ません。

ボクは勉強も出来ません。

ボクはコミュニケーション能力が欠如しています。

ボクは飽きっぽく、根性がありません。

ボクは性格が悪いです。

 

それでも必死に出来る自分をプロデュースして、虚構の自分を成立させていたのに、、、

変わろう変わろうと頑張っていたのですが、無駄だったのかもしれません。

 

 

例えば、電車の中で子どもが泣いていたとします。

ボクは舌打ちをするわけでもなければ、うるさいと怒鳴るようなことはしません。

ただ、めちゃくちゃイライラします。

たイライラすらしない人がいることも事実なのです。

 

行動と感情を不一致させるのは優しさというステータスです。

ボクには理性でそのステータスを用意できると思います。

でも、万人が求めているのは、イライラ「すら」しない人、行動と感情を一致させても社会に迎合できる人なのかもしれません。

 

そうなったら、ボクみたいな歪んだ人間はお手上げです。

もちろん年単位のスパンで多少は考えが変わります。

でも、もうボクは20代前半、遅すぎなのです。

 

さっきの『どうすれば良かったのだろうか?』という問には

『なにをしても無駄』というしょうもない答えしか出せません。

 

そう言って、5ヶ月

ほぼ、なにもしませんでした。

ネットサーフィンして漫画読んでモンスターストライクやっていたら、人生がつまらなすぎる。

 

 段々自分が腐っていっているのが分かる。

一日一日しっかりと、確実に退化していく。

 

自分が努力をするべき理由は分からないけど、努力をしていた頃に比べて本当につまらない。

 

ふと前を見たら今までボクがバカにしていた友人たちが胸を張ってアウトプット片手に歩いている。

 

ほぼ全ての面で自分より優れた、越えるべき壁として立ちはだかっている。

 

なんか腹立つ。

 

ボクってこんなにダメ人間だったっけ。

 

完全敗北はやっぱり寂しい。

 

「世界から貧困を失くしたい!」とか「人を笑顔にしたい」とか

そういうポジティブな動機では決してないし、人に言うのははばかられる低俗なものだけど、ボクの性格にフィットしているのは分かる。

 

 アウトプットが欲しい、だから頑張ろう。

 

考えすぎるとボク疲れちゃうからこれで結論ってことにします。

 

 

ハイおしまい。